スポンサーリンク

「桃鉄」を卓上で楽しめるボードゲーム新商品「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム」2021年10月発売

大人気すごろくゲームソフト「桃太郎電鉄」(通称:桃鉄)を卓上で楽しめるボードゲーム新商品「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム」が2021年10月中旬に新発売されることがタカラトミーグループの株式会社タカラトミーアーツから発表された。

本商品は、タカラトミーアーツが2012年に発売していた「桃太郎電鉄」の卓上で楽しめる紙版ボードゲームから、新たに2020年11月に発売されたTVゲームソフト「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」の登場に伴い、令和版としてリニューアルして新たに発売されるボードゲーム新商品となる。

Amazon 商品予約はこちら:桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム

©さくまあきら ©Konami Digital Entertainment

「桃太郎電鉄(通称「桃鉄」)」は、プレイヤーが鉄道会社の社長となり、サイコロを振って目的地を目指しながら日本全国の物件を購入し、資産を競い合う大人気のゲームシリーズです。1988年に第1作目が登場し、昭和、平成と駆け抜けてきた「桃鉄」は、2020年「桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番!~」としてキャラクターのイラストも新たに発売されました。新シリーズの累計販売本数は300万本を突破しています(2021年9月15日現在)。

スポンサーリンク

「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム」の特徴

『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム』

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム」商品の遊び方は、ゲームソフトとほぼ同じルールとなります。2人から最大6人までプレイすることができるので、家族や友だちと一緒に楽しむことができます。

日本地図のボードを広げ、機関車の形をしたコマを置いて目的地を目指します。目的地の選択やイベント発生は紙のカードで表現し、やっかいな「キングボンビー」や「スリの銀次」などもカードにラインアップしています。またゲームの重要な要素の一つ「貧乏神」は、プレートになっていてコマにセットすることができ、ゲームソフトさながらの“乗り合い状態”を体験できます。

3種類のゲームモード

ゲームモードは3種類。

手軽に楽しめる約30分ほどで決着がつく「かんたんラリーモード」、低年齢の子どもと一緒に遊びやすい「貧乏神がいないモード」、プレイ年数により所要時間が5時間以上にも及ぶ「いつもの桃鉄モード」と、プレイスタイルに合わせた様々な「桃鉄」を楽しむことができます。

付属パーツで「桃鉄」の世界観を100%楽しもう!

本商品には、「桃鉄」の世界観を楽しめる様々な付属パーツがついています。

社長さん(プレイヤー)の運命を決める「トレインルーレット」をはじめ、ゲームソフトにも登場する「イベントカード」類や機関車型の「桃鉄コマ」、「サイコロ」などのゲームソフトでおなじみのアイテムが揃っているので、実際に手を動かして「桃鉄」をプレイしている気分が味わえます。

トレインルーレット;プレイ年数や決算月のカウント機能も搭載の「桃鉄」専用ルーレット。
桃鉄コマ;機関車型のコマ。貧乏神プレートもセット可能。
サイコロ
貧乏神乗り合いの様子

「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム」で、日本一の社長さんを目指して、おうちで日本一周をお楽しみください。

「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム」商品概要

商品名:桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム

希望小売価格:4,950円(税込)
発売日 :2021年10月中旬
本体サイズ:約 W590mm×H475mm×D50mm
商品内容: ゲーム盤、お札(3種類 各60枚)、桃鉄コマ(6個)、貧乏神プレート(3枚)、トレインルーレット、サイコロ(3個)、目的地カード(48枚)、イベントカード(64枚)、貧乏神カード(47枚)、取扱説明書
対象年齢 :6歳以上
プレイ人数:2~6人
取扱い場所:全国の玩具専門店、量販店・雑貨店などの玩具売り場、各インターネットショップなど

Amazon.co.jpでの発売予定日は2021年10月14日となっています。