スポンサーリンク

IC乗車カード体験ができる変形プラレール「ピッとしてGO!変形ドデカシンカンセンのぞみ」が新登場!2021年8月発売

ICカードを使った乗車を疑似体験できるプラレール新商品「ピッとしてGO!変形ドデカシンカンセンのぞみ」が2021年8月5日から新発売されることが株式会社タカラトミーから発表された。

本商品は、全長約45cmのビッグサイズの「新幹線N700S」がダイナミックに変形し、駅(ステーションフォーム)型に姿を変えることができる。ICカード遊びができる「乗車カード」を使って「自動券売機」を操作したり、「自動改札機」にタッチしてゲートを通過するなど、リアルな乗車体験を楽しめます。プラレール各種レールや車両と一緒に組み込んで遊ぶことができるので、様々なレイアウトでお楽しみいただけます。

※プラレール車両、レール、プラキッズは別売りです © TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
JR東海承認済

「ピッとしてGO!変形ドデカシンカンセンのぞみ」の特徴

ピッとしてGO!変形ドデカシンカンセンのぞみ」は、全長45cmのビッグサイズの「新幹線 N700S」型の外観となっており、鉄道駅へのフォーム変化が可能。

変形ギミックや駅でのICカード体験機能などを搭載した、新たなプラレール製品が登場します。

新幹線フォームからステーションフォームへダイナミック変形

新幹線のぞみ N700Sの車体は全長約45cmのビッグサイズで、手転がし遊びもできる「新幹線フォーム」の屋根部分を手前へ倒すと「ステーションフォーム」にダイナミック変形し、自動券売機や自動改札機、ホームが現れます。「ステーションフォーム」のマニュアルモードでは、手動で「停車遊び」と「出発遊び」ができ、変形ボタンを押すとバネによって頭部が跳ね上がります。

新幹線フォームは全長約45cmのビッグサイズ
新幹線フォーム
ステーションフォーム
スポンサーリンク

非接触で“ピッ!”「乗車カード」を使ってアクションを楽しもう

「ステーションフォーム」では、付属の「乗車カード」を使ってICカード遊びができます。駅でのカードタッチはプラレール初の仕掛けで、自動券売機にタッチすると駅でよく聞くアナウンスが流れ、ゆびで画面を押すと切符購入や座席選択などの疑似体験ができます。

オートモードで改札にタッチすると、数秒後に自動で本体の頭部が勢いよく開き、停車中の車両が駅から発車します。実際の駅で流れるようなリアルな音声や電車が自動で発車するなど、まるで本物の駅にいるような感覚で遊ぶことができます。流れる音声は80パターン以上あり、様々なシチュエーションを楽しめます。

「乗車カード」をタッチして、出発!
ICカード遊びができる「乗車カード」

「ピッとしてGO!変形ドデカシンカンセンのぞみ」商品紹介動画はこちら。

大きな「新幹線 N700S」が駅に変形します。変形後の「ステーションフォーム」では、自動券売機での切符購入やICカードでの改札を通る疑似体験、駅でおなじみの楽しいサウンドが入っているなど、お子さまが憧れる駅遊びを自宅で楽しむことができます。

デカシンカンセン以外のプラレール車両、レール、情景、
プラキッズ、トミカ(ミニカー)は別売りです

オートモードで自動変形や自動発車を楽しむことができるほか、マニュアルモードでは、手動で、好きな車両の停車と発車遊びも楽しめます。はじめてプラレールに触れるお子さまにもオススメの新商品です。

商品概要

商品名:プラレール「ピッとしてGO!変形ドデカシンカンセンのぞみ」

希望小売価格: 8,580円(税込)
発売日   : 2021年8月5日(木)
対象年齢  : 3歳以上
商品内容  : 変形ドデカシンカンセンのぞみ本体(1), 乗車カード(1), プラキッズスタンド(2), 駅背景パネル(2), ロータリーパネル(2), シール(1), 取り扱い説明書(1)
商品サイズ : W 135 × H 145 × D 450(mm)※新幹線フォーム時
使用電池:単4形アルカリ乾電池3本使用 ※電池は別売です。
取扱い場所 : 全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売り場、インターネットショップ、 プラレール専門店「プラレールショップ」、 タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」など
※プラレール車両、レール、プラキッズは別売りです

プラレールとは、株式会社タカラトミーが発売する、2019年に発売60周年を迎えたロングセラーの鉄道玩具です。日本国内ではこれまでに、累計約1,800種類、1億7,700万個以上を販売しています(2021年3月末現在)。

オススメの記事