スポンサーリンク

バンダイが業界初となる「ガシャポン カプセルリサイクル」を開始。年間400万個相当の空カプセルを回収するプラスチック資源循環の取り組み

株式会社バンダイと株式会社バンダイナムコアミューズメントおよび株式会社バンダイロジパルは 3 社合同で、ガシャポンの空カプセルのリサイクル事業「ガシャポン カプセルリサイクル」を2021年9月10日(金)より開始することを発表した。

ガシャポンのカプセルを原料としたリサイクルは、カプセルトイ業界初の取り組みとなる。

「ガシャポン カプセルリサイクル」の取り組みについて

「ガシャポン カプセルリサイクル」の取り組みは、ガシャポンの空カプセルの循環スキームの確立によるプラスチックごみ排出の削減や枯渇資源の使用抑制を目的として実施されます。

バンダイナムコアミューズメントが国内で運営する 4 店舗のガシャポン取り扱い店舗などでお客さまから回収した不要なガシャポンの空カプセルを、物流サービスを手掛けるバンダイロジパルが回収・配送し、プラスチックの再生加工などを行う関越資材株式会社にて再資源化。バンダイは、マテリアルリサイクルにて再資源化したペレットを原料に「リサイクルエコカプセル」を生産し、新商品のカプセルとして 2021年度内に市場投入を予定していることが説明されました。

なお2021 年 4 月※1~2022 年 3 月末までの空カプセル回収量は 20t(φ5cmのガシャポンカプセル 400 万個相当)と見込まれている。今後もバンダイナムコアミューズメントが運営する「ガシャポンのデパート」「ガシャポンバンダイオフィシャルショップ」を中心に空カプセル回収拠点のさらなる拡大を目指す取り組みとなっている。

※1 空カプセルの回収は 2006 年より開始。2021年4月より本プロジェクトのために規模

「リサイクルエコカプセル」について
▲リサイクルエコカプセル
▲リサイクルペレット


「リサイクルエコカプセル」は回収した空カプセルをカプセルの原料となる「ペレット」(リサイクルペレット)の状態に戻し、通常の「ペレット」(バージンペレット)に混合して成型します。リサイクルペレットは約 20%の割合で配合し、今後、この配合率はさらに上げていく予定となっている。

なお、「リサイクルエコカプセル」は2021年9月17日(金)に東京ソラマチにてオープン予定の「ガシャポンバンダイオフィシャルショップ」のオープン記念ノベルティ用カプセルとして初めて活用される。

また、「リサイクルエコカプセル」は自社の認定制度である「エコメダル※2」の認定を受けています。


「ガシャポン カプセルリサイクル」の仕組み

空カプセルの回収ボックスもアプリと連動し楽しく回収


2021年度より新たに回収拠点として拡大した「ガシャポンのデパート」「ガシャポンバンダイオフィシャルショップ」では空カプセル回収ボックス「ガシャポイントステーション」(上記の画像イメージ)を設置し、お客さまに楽しんでいただきながら空カプセルを回収できる工夫が行されているいます。「ガシャポイントステーション」はバンダイナムコアミューズメントが提供する無料のスマートフォンアプリ「ナムコポイントアプリ」と連動し、空カプセルを回収ボックスへ入れることでポイントを獲得でき、さまざまなサービスを受けることができます。

※「ナムコポイントアプリ」は、バンダイナムコアミューズメントの『namco』や『ガシャポンのデパート』の店舗がお得に楽しくなる無料のポイントアプリ。「ナムコ店舗への来店」や「アプリ内クエストをクリア」することでポイントを獲得することができ、獲得したポイントを「各種プレゼント」や「ゲームがお得に遊べるクーポン」などに交換することができます。
アプリの詳細についてはバンダイナムコアミューズメント公式サイトへ。

※2「エコメダル」認定制度について
▲エコメダルマークの一例


バンダイナムコグループのエンターテインメントユニットトイホビー事業に属する会社の製品全てを対象に、独自の環境基準をクリアした製品に与えられる「エコメダル」認定制度を導入。

「製品本体」「容器包装」「取扱説明書その他」のカテゴリーごとに設定した基準を満たせば認定となり、2020 年度は 319 アイテムをエコメダル認定しています。なお、このたび発表された「エコカプセル」もエコメダルを認定。このエコメダルマークは商品パッケージや WEB サイト「おもちゃの会社バンダイの CSR」にて PR し、普及に努めていくと説明されている。

※本情報は2021年9月10日現在のものです。
※「ガシャポン」はバンダイの登録商標です。

  • Source : 株式会社バンダイ