スポンサーリンク

新サービス「toio Do」リリース。同時開催toioの「Do!コン」コンテストでは「toio」の無償モニター提供も

ソニー・インタラクティブエンタテインメントより、「toio(トイオ)」の新サービス「toio Do」が2021年3月17日よりスタートしました。

「toio Do」では、ミニゲームであそんだりサンプルプログラムをいじったりしているうちに、いつのまにかプログラミングを身に付けることができる、STEAM時代の新しいサービスとされています。

※「toio」はロボットを使った新しいあそびのプラットフォームです。toio本体とプログラミングの専用タイトルを組み合わせることで、ロボットプログラミングでゲームや工作、絵本、運転などの色々なあそびを作って自由に動かして楽しめます。

新サービス「toio Do」

「toio Do(トイオ・ドゥ)」では、従来の「toio」でも提供されていたWindows10やMacの「ブラウザー版」に加え、新たにiPadやChromebook向けの「アプリ版」のビジュアルプログラミングツールを提供。

出典:toio Do 〜あそぶ・いじる・はまる!ロボットでゲームプログラミング〜

小型ロボットの「toio コア キューブ」とアプリをBluetoothで接続することで、「toio Do」の起動数分後にはプログラムをつかってロボットが動き出す、「あそび感覚」でプログラミングにふれあうことができるとのこと。

「toio」はその手軽さから、ご家庭だけでなくプログラミングの授業などにも幅広く活用できるアイテムとされています。

また、「toio Do」サイトではtoioで動かすことができるサンプルプログラムを多数掲載。「あそぶ」と「つくる」それぞれの視点からプログラミング学習にチャレンジすることができます。

このサンプルには、「レゴで大喜利」や「すぐ革命!大富豪」「ふしぎ人狼」など、人気のブロックトイやテーブルゲームなどを題材として行うあそびなどもあり、親しみやすく、家族を交えて楽しみながら学習につなげることができるサービスとなっています。

toioの「Do!コン」コンテスト開催

この「toio Do」のリリースに合わせて、「toioの「Do!コン」~キッズ審査員が思わず笑顔に!楽しいプログラムコンテスト~」が開催されています。

優秀な作品に対して「金賞」「銀賞」「銅賞」「キッズ賞」「オーディエンス賞」が用意されており、toioキットやノベルティなどの副賞がプレゼントされるとのことです。

そして、このコンテストは一次審査に「アイデア公募」があり、現在toioをお持ちでない方の参加も可能。

一次審査の通過した優秀アイデアの提出者に対してtoio製品がモニター提供され、コンテストにエントリーができるようになるとのことです。また、応募資格に年齢制限などは設けられていないようです。

toioをお持ちでない方や、チームでの応募なども可能になっているとのことですので、親子や兄弟姉妹などでチャレンジしてみても良いのではないかと思います。

「toio Do」サービスのリリースと「Do!コン」について詳しくは以下をご覧ください。