スポンサーリンク

あなたはどっち派?「赤いきつねVS緑のたぬき オセロゲーム3」登場 1月上旬発売

東洋水産株式会社から販売中のマルちゃん「赤いきつねうどん」と「緑のたぬき天そば」をモチーフとした立体型オセロ「赤いきつねVS緑のたぬき オセロゲーム3」が2021年1月上旬から発売されることが株式会社メガハウスから発表された。

「赤いきつねVS緑のたぬき オセロゲーム3」は、カップ麺の「赤いきつね」と「緑のたぬき」のパッケージデザインがそれぞれ再現された"赤いきつね・石"と"緑のたぬき・石"を連結させたものをオセロ石として、6×6の36マスで対局する立体型オセロ商品。

ルールはオセロと同様で、対局終わり時点でオセロ石が多い方が勝ちとなります。また、"赤いきつね・石"と"緑のたぬき・石"を単体で使用して、はさみ将棋や四目並べ遊びもできるとのことだ。

また、「赤緑合戦~あなたはどっち!?食べて比べて応募しよう!~」キャンペーンが2021年1月31日まで実施中。マルちゃん「赤いきつね」と「緑のたぬき」を食べ比べて、どちらが人気か投票で決めるキャンペーンとなっています。

キャンペーン詳細については特設サイトへ。
赤緑合戦特設webサイト:https://dotti.akamidori.jp/

「赤緑合戦」の食べ比べ投票とともに、オセロでも白黒つけてみてはいかがだろうか。

■マルちゃん「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」

「赤いきつねうどん」は、1978年に風味豊かなおつゆにコシのある麺と大きなお揚げを組み合わせた即席カップうどんとして誕生。その2年後に、香ばしい小エビ天ぷらが自慢の「緑のたぬき天そば」が登場。多くのお客様に40年以上にわたりご愛顧いただいている「マルちゃん」のロングセラーブランドです。

■オセロ

日本で誕生した「オセロ」。今では誰もが知っている家庭用ボードゲーム「オセロ」は1973年に茨城県出身の故長谷川五郎氏の発明で誕生し、株式会社ツクダ(現在、株式会社メガハウスで販売)から発売しました。
「覚えるのは1分、極めるには一生」と呼ばれるほど、ルールは簡単でありながら奥の深いオセロ。発売から現在に至るまで、多くの家庭で親しまれています。
オセロ公式ホームページ:https://www.megahouse.co.jp/othello

「赤いきつねVS緑のたぬき オセロゲーム3」商品詳細

商品パッケージ
オセロによる代理対決!!白黒=赤緑つけよう!

商品名:「赤いきつねVS緑のたぬき オセロゲーム3」
セット内容:盤…1個、赤いきつね・オセロ石…37個、緑のたぬき・オセロ石…37個、シール…2シート、取扱説明書
商品サイズ:W168xD168xH30(mm) 本体サイズ
価格:1,980円(税抜価格)
発売元:株式会社メガハウス
商品ページ:https://www.megahouse.co.jp/megatoy/products/item/3304/

2021年1月上旬 発売開始となっています。

また、発売40周年を迎えた"緑のたぬき" と "ルービックキューブ"のコラボ商品「緑のたぬききゅーぶ」が2020年12月から好評発売中。緑のたぬきを3Dスキャンして制作された、天ぷらと麺が立体的にデザインされたユニークなルービックキューブ商品です。