スポンサーリンク

【レビュー】イケア×レゴのコラボ収納シリーズ「BYGGLEK」


IKEA(イケア)レゴグループとのコラボ収納「BYGGLEK/ビッグレク」コレクション。

レゴブロックをモチーフとした収納ボックス3セットと、コレクションのためにセレクトされたレゴブロックセット1セット(レゴブロックやレゴの人形(ミニフィギュア)の詰め合わせのキット)がラインナップされています。

「BYGGLEK/ビッグレク」コレクションは、日本国内では2021年2月より全国のイケア店舗、IKEAオンラインにて順次発売が開始されました。

本記事では、BYGGLEK(ビックレク)コレクションについて、使用感やパーツ、使い方のポイントなどをレビューしていきます。

レゴxイケア「BYGGLEK/ビックレク」レビュー

BYGGLEK/ビッグレク 製品ラインナップ

レゴボックス 中サイズ、小サイズ、レゴブロックセット

レゴブロックが側面にデザインされたパッケージもかわいいBYGGLEK/ビッグレク製品です。

2021年2月に日本で新発売された「BYGGLEK/ビッグレク」コレクションのラインナップは、以下の4種類です。

  1. レゴボックス ふた付き (35cm × 26cm × 高さ12cm)※大サイズ
  2. レゴボックス ふた付き (26cm × 18cm × 高さ12cm)※中サイズ
  3. レゴボックス ふた付き 3点セット(1個付属:17.5cm × 12.7cm × 高さ5.9cm)(2個付属:12.7cm × 8.8cm × 高さ5.9cm)※小サイズ
  4. レゴブロック201ピースセット(型番:40357)

レゴボックス(蓋つき)製品が、サイズ別の大・中・小の3セット。そして、レゴブロック製品が1セットです。

本記事では、BYGGLEK(ビックレク)のレゴブロック1セットとレゴ収納ボックスの中サイズと小サイズの3製品について、使用感やパーツ、使い方のポイントなどをレビューしていきます。

※仮に、本記事ではレゴボックスについては大・中・小の3製品と書き分けてレビューしています。

レゴボックス ふた付き(中サイズ)レビュー

  • 製品名称:BYGGLEK/ビッグレク レゴボックス ふた付き
  • サイズ:26cm × 18cm × 高さ12cm
  • カラー:ホワイト

レゴブロックが取り付けられるポッチ(スタッド)がついた中サイズの収納ボックスです。

レゴボックスの中サイズは、組み立て式となっており、以下の6つのパーツが含まれています。

組み立て方法は非常に簡単。道具は何も必要なく、説明書も付属しているので組み立てに迷うことはありませんでした。

各パーツの角を上下にスライドして接合できるようになっています。また、組み立て後に分解することも可能です。中サイズ・大サイズともに同じ組み立て方となっています。

また、中サイズには横4面にそれぞれポッチ付きの小さな窓のような幅6ポッチ/奥行き1ポッチのくぼんだ部分があります。レゴボックス大サイズもこの窓の部分の大きさは同じです。

このスクエア部分は、ブロックの遊びの窓パーツを置いたり、箱をお家に見立てたときのバルコニーとして飾り付けたり、中身やボックスの持ち主がわかるように目印ブロックを付けたりするのにぴったりです。

レゴボックスのフタ部分は、ボックス(箱)に載せるだけのタイプです。

フタの開け閉めがしやすい作りとなっていますが、フタが固定されていないため、持ち運ぶ際などにひっくり返して中身をばらまいてしまわないように注意が必要です。

レゴボックスのフタ外側には、レゴブロックが取り付けられるポッチ(スタッド)がついています。

フタ部分のポッチ数は22×32ポッチとなっています。

レゴ社が発売しているブロック土台「レゴクラシック 基礎板(グリーン) 」は、25cm×25cmの大きさで、レゴブロックのポッチ数では32×32ポッチのサイズです。中サイズのボックスは、それよりも小さ目ですが、基礎板代わりとしてもブロック収納としても使いやすいサイズです。

また、中サイズよりもさらに広い土台が欲しい場合は、最も大きなサイズのレゴボックス(35cm × 26cm × 高さ12cm)を選ぶと基礎板(グリーン)よりも大きなサイズとなります。

ブロック遊びの土台として使ったり、収納ボックスとして使いながらブロックで飾り付けをしたりと、収納にも遊びにも、自由な発想で楽しめるボックスです。

スポンサーリンク

レゴボックス ふた付き 3点セット(小サイズ)レビュー

  • 製品名称:BYGGLEK/ビッグレク レゴボックス ふた付き 3点セット
  • サイズ:
    (1個付属)17.5cm × 12.7cm × 高さ5.9cm
    (2個付属)12.7cm × 8.8cm × 高さ5.9cm
  • カラー:ホワイト

レゴブロックが取り付けられるポッチ(スタッド)がついた小さめの収納ボックス。幅と奥行きが異なる2サイズのボックスの3点セットです。

レゴボックスの小サイズの3点セットは、すべて組み立て済みのボックスとなっていますので、すぐに使うことができます。

各ボックスは、縦横のサイズが1サイズごとに倍々となるように設計されています。ですので、この3点セットだけでも、ぴったりと長方形に組み合わせることができます。

また、小サイズのボックスは、高さが中・大サイズの半分(1/2)となっています。高さを大きなボックスと合わせたい場合は小サイズを2つ重ねると高さもぴったりと合います。

下記の画像は最も小さなサイズのボックスです。ボックス自体に厚みがあるため、収納ボックスとしての容量はあまり多くないです。

デスクの上に置いて、ちょっとした小物入れやインテリアのアクセントに。また、小さなお家に見立てたブロック遊びをするのにもぴったりなサイズです。

「BYGGLEK/ビッグレク レゴボックス ふた付き 3点セット」は、小さめの2種類のボックスが入っているので、使い方の応用がききやすく、遊びにも使いやすいレゴボックスです。

スポンサーリンク

レゴブロック201ピースセット(40357)レビュー

  • 製品名称:BYGGLEK/ビッグレク レゴブロック201ピースセット
  • ピース数:200ピース+ブロックはずし1個
  • レゴ製品番号:40357
    対象年齢:5歳以上

レゴとイケアのコラボによりセレクトされたレゴブロックセットです。カラフルなブロックや多様な形、サイズのレゴブロックの詰め合わせとなっており、ピース数は200(ブロック外しを加えて201)となっています。

組み立て例が描かれた、リーフレットが1枚含まれています。

BYGGLEK レゴブロック201ピースセットに含まれるレゴブロックには、基本的な直方体のレゴブロックのほかにも家の表現に便利な円筒状のブロックや窓枠、ドアなどのパーツやホットドッグ、バナナ、葉っぱや花などのアクセサリパーツ、さらにクラシカルなニコニコ顔のミニフィギュア(ミニフィグ)2体などが含まれており、バラエティ豊かなレゴブロックの詰め合わせセットとなっています。

これらはBYGGLEKコレクションのテーマとなっている「家でのくらし」をベースに日常をイメージしたブロックとしてセレクトされていることがプレスリリース時に説明されていました。

また、この製品にはレゴブロックの取り外しなどにも便利な「ブロック外し」ツールが1個付属しており、初めてレゴブロックで遊ぶお子様も必要なものがそろう基本セットとなっています。

ミニフィグ2体と、ヘアパーツや帽子などのアクセサリーが5つ含まれています。

飾り気のないシンプルなカラーのボディや、クラシカルなニコニコ顔のミニフィグは、近年のプリントが凝ったものよりも新鮮によりインテリアとしておしゃれに感じます。

ドアや窓、パラソル、コップ、植物、食べ物などの家づくりに適したパーツから、基本的なブロック、細かなパーツまで、使いやすいブロックがコンパクトにまとめられた良セットです。

また、本ブロックセットに含まれていた201ピースは、ビックレク レゴボックス「中サイズ」に、余裕をもって収納することができました。

本セットは、イケアのBYGGLEK/ビッグレクのレゴボックス シリーズと組み合わせて遊ぶのが、やはりおススメです。

ビッグレク ボックス側面のスクエア枠にぴったり合う窓パーツやブロック、アクセサリー、家に見立てた遊びに使いやすいブロックが揃っています。

ボックスを家のように見立てたり、プールのように使ったり、自由に飾り付けたり、いつものブロック遊びの土台として使ったりと、遊びの可能性が広がるシリーズです。

スポンサーリンク

BYGGLEK/ビッグレク 使い方のポイント

きれいに四角形に積み重ねられる組み合わせは?

レゴボックスは全部で4つのサイズが発売されています。

同じサイズを重ねる場合は、そのまま上に積むだけで綺麗に重ねることができます。

ただし、サイズ違いでボックスをいくつか揃えたい場合は、どのような組み合わせで購入すると、きれいに四角形型に積み重ねることができるのでしょうか。

各ボックスは縦横のサイズが1サイズごとに倍々となっていくようにサイズ展開がされています。(※高さについては後述)

以下の画像は、例として3種類の大きさのボックスを積んでみたところです。

それぞれが下側のボックスの縦横1/2サイズとなっていることが分ります。同じ大きさのボックスを2つ横に並べると、次に大きいサイズのボックスと、ぴったりとサイズが合うように設計されています。
単純かつ非常にわかりやすいサイズ設計です。

そのため、異なるサイズを組み合わせる場合には、ちょうど四角形に収まるなるように数を合わせると、綺麗な四角形にディスプレイできるように設計されています。

例として、大サイズ1セット、中サイズ1セット、小サイズ2セットを購入すると、大サイズの上に中サイズと小サイズを載せて四角形型に収めることができます。
大・中・小サイズを1セットをまずは揃えられる方も多いと思いますが、ここに小サイズを1セット追加することで綺麗に四角形型に収まる組み合わせになります。

または、下記の組み合わせ例のように、中サイズを1つ・小サイズを1つだけ購入しても綺麗に四角形型に収まります。

レゴボックス 中サイズ1つ・小サイズ1つを購入した場合の組み合わせ例

また、小サイズのボックスの高さは、中・大サイズの半分(1/2)となっています。高さを大きなボックスと合わせたい場合は小サイズを2つ重ねると高さもぴったりと合います。

どのように組み合わせるかは自由自在の遊び心のあるボックスです。

部屋で整理用に使用したい場合などには、ボックスの組み合わせを四角形にも収まるように考えておくと整理がしやすいと思います。

その他 気になった点(重さ・ほこり)

BYGGLEK/ビッグレクのレゴボックス製品について、ボックス製品が重めであることが少し気になる点です。

ボックスの側面にはスクエア窓があることもあり、ボックスの厚みが大・中・小の各サイズ共通で1センチ以上あります。

実際のレゴボックスの商品ページには、パッケージ箱込みの重量で、中サイズで0.89 kg、大サイズで1.42 kg(パッケージ箱含む)と説明されています。小さなお子さまがブロック遊びの際に持ち運ぶことも多いと思いますので、サイズ選びには重さも考慮したほうが良いかもしれません。

また逆に良い点として、レゴボックスの厚みがある分、しっかりと頑丈にできているように見受けられます。安心して使うことができますので、形がゆがんだり割れたり曲がったしにくく丈夫に使うことができるのではないかと思います。

もし可能であれば、イケアの商品ページや店舗にて実際の重さやサイズをサンプルにて確認していただくことをお勧めします。

また、レゴブロックを飾っておく場合に、必ず気になる悩みといえば「ほこり」対策です。

レゴブロック作品を飾る際に、ポッチの凸凹にたまるホコリが気になった方は多いと思います。これがレゴ作品であればホコリから守るためにクリアケースに入れて飾る対策もとれます。

今回は収納ボックスですが、白色はホコリが目立つカラー。レゴボックスの上部にはブロック土台として使えるポッチが付いているため、ホコリを貯めにくい対策について考慮しておくと良いと思います。

とはいえ、基本的にはこまめにホコリを払ったり、ポッチ部分がなるべくホコリに触れにくいようにボックス同士を重ねて表面積を少なくしたり、さらにクローゼット内などに仕舞っておくなどの対策が考えておくことがおススメです。

ボックスのスタッキングはできる?

レゴボックスはスタッキングできるのでしょうか。

ボックスを重ねておくためには、ボックス同士が固定されていないと、バランスが簡単に崩れてしまったりズレてしまったりという心配があります。

このスタッキングについては、筆者としても特に気になっていた点でもあります。

下記の画像は、レゴボックスの外フタと、ボックス底を外側から見たところです。底にある中枠の幅が、ポッチの幅にぴったりと収まるようになっており軽く固定されるのでスタッキングすることが可能といえます。

※ブロックのポッチ同士でぴったりと接合されている設計ではありません。"置く"イメージです。

外フタと、ボックス底(外側)

レゴボックス同士は、異なるサイズでもスタッキングすることが可能です。

ポッチ同士で接合されていませんが、持ち上げたりしなければ簡単に崩れることはありません。ボックスは動かすことは容易にできますので、ブロック遊びにもぴったりです。

スポンサーリンク

まとめ

BYGGLEK/ビッグレク コレクションは、ブロック遊びの土台として使ったり、収納ボックスとして使いながらブロックで飾り付けをしたりと、収納にも遊びにも、自由な発想で楽しめます。

お子さまにとって、レゴブロックで遊んだ後のお片付けが楽しくなるアイテムだと思います。

どのような部屋にも合わせやすいホワイトカラー、そしてシンプルな四角形のかたちのボックスは、まるで白いキャンバスや壁に絵を描くように、カラフルなレゴブロックやパーツがより映え、自由な創造力でブロック遊びをするのにもぴったりです。

何より、収納ボックスとブロック遊びが両立できるのは素晴らしいアイデアです。

本商品のメインターゲットはご家族やお子さまでブロック遊びを兼ねた収納アイテムとしてだと思われますが、大人でもインテリアのアクセントとして、部屋やデスクに遊び心のある収納アイテムとして使うことができるシンプルなデザインとなっています。

レゴファンが求めていたものが形になったようなレゴ×IKEA コラボの収納ソリューション シリーズです。レゴボックスにブロックを収納しつつ、すぐにポッチ付きの土台となるフタを外して遊べる、遊びの可能性が広がる収納ボックスです。