スポンサーリンク

「任天堂資料館(仮称)」が2023年度に完成予定。京都の工場用地をリノベーション

任天堂株式会社は、京都府宇治市小倉町にある「任天堂宇治小倉工場用地」および建屋を、過去に発売した商品を展示する資料館施設としてリノベーションして利用することを2021年6月2日のニュースリリースにて発表しました。

任天堂京都小倉工場は、1969年に「宇治工場」として建設され、その後1988年に「宇治小倉工場」へと改称された歴史を持つ工場とのこと。主にトランプ・花札の製造や、サービスセンターとしてゲーム機の修理業務が行われていたことが説明されています。

「任天堂資料館(仮称)」は、展示と体験を行う観光施設としての集客を目指し、2023年度(2024年3月期)の完成を予定していることがアナウンスされました。

1889年に創業し、京都に本社がある任天堂株式会社の資料館施設が、京都府宇治市に新たに誕生するニュースとなります。工場用地を利用してつくられる新たな資料館施設で、ものづくりの考えや展示・体験をできることに期待が高まります。