スポンサーリンク

おもちゃ遊びを通してSDGsを考えるきっかけに、「#おもちゃで地球にいいことできるかな」サステナブルなマテル社のおもちゃが続々発売

おもちゃ遊びを通して、親子でSDGsを考えるきっかけに。2021年6月5日(土)の世界環境デー(環境の日)にちなんで「#おもちゃで地球にいいことできるかな」をメッセージに掲げ、サステナブル(サステイナブル)な要素を含むおもちゃを続々発売することが、世界大手の玩具メーカー米国マテル社の日本法人マテル・インターナショナル株式会社から発表された。

SDGs(Sustainable Development Goals)」とは、国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための国際的な目標です。多くの企業や人々に広がってきているSDGsを考えるきっかけとして、親子でサステイナブルなおもちゃを選んだり、おもちゃを通して地球環境について考えることで、子どもたちがより身近に、自分ゴトとしてSDGsを考えるきっかけになればというマテル社の考えのもと、「#おもちゃで地球にいいことできるかな」のメッセージが掲げられています。

マテル・インターナショナルの「#おもちゃで地球にいいことできるかな」メッセージは、以下のとおりです。

「#おもちゃで地球にいいことできるかな」
みんなが大きくなったときの地球はどうなっているかな?
小さな頃から、いつも一緒にあそんでいる、おもちゃたち。
そんな、おもちゃが、楽しくあそびながらも、
少しでも環境、自分たちの未来を考えるきっかけになれば。
ぼくのおもちゃは、小さなステップだけど、大きなステップ。
何かしたいという気持ち、とても大事だけど、行動するのは意外とむずかしいよね。
でも、買ったおもちゃをエコバックで持って帰るのも、おもちゃをリサイクルするのも、
全部地球へのやさしさになっている。
子どもも、ママもパパも、みんなで、地球にいいことできるかな。

出典:マテル・インターナショナル株式会社のプレスリリース

そして、今回サステナブルな要素を含むおもちゃとして、リサイクル可能な原料で作られ、カードは大豆由来のインクで印字された「地球にやさしいウノ」や海洋プラスチックで作られた「モササウルスフィギュア」、そのほか地球環境にやさしい再背可能な素材が一部使われているおもちゃが続々と発売されことがアナウンスされました。

スポンサーリンク

サステナブルな要素を含むおもちゃ

マテル・インターナショナル株式会社より発売される、サステナブルな要素を含む一部のおもちゃが紹介されました。

地球にやさしいウノ

パッケージからカード、取扱説明書に至るまで紙のみを使用し、カードを大豆由来のインクで印刷した、すべてリサイクルできるサステイナブルなウノが新登場。持続可能な森林管理のもと生産された原料でつくられたことを示す、FSC認証取得済みの商品です。

地球にやさしいウノ
発売日:2021年6月下旬より順次発売
メーカー希望小売価格:1,100円(税込)
対象年齢:7歳以上
サイズ(cm):W9.2×D1.9×H14.6
発売元/販売元:マテル・インターナショナル株式会社
(全国の取扱販売店、オンラインストアで販売予定)

Amazonでは発売予定日は2021年6月26日となっています。

ジュラシック・ワールド 海の王者!モササウルス

454グラムの海洋プラスチックで作られた、モササウルスフィギュアが新登場!
全長約71cmの超ビッグサイズで、口の開け閉めも可能です。
モササウルスの迫力はそのままに、サステイナブルになったフィギュアです。

ジュラシック・ワールド 海の王者!モササウルス
発売日:2021年6月下旬より順次発売
メーカー希望小売価格:6,600円(税込)
対象年齢:4歳以上
サイズ(cm):W43.2×D10.2×H21.6

フィッシャープライス ゆらりんタワー(エコ)

ロングセラーのゆらりんタワーが、地球環境にやさしい「エコ」に生まれ変わってリニューアル。90%がサトウキビなど植物由来の再生可能な素材を使用しています。大きさと色の異なる5つのリングをゆれるタワーに順番に積み重ねていく知育トイです。

フィッシャープライス ゆらりんタワー(エコ)
発売日:2021年3月下旬より発売中
メーカー希望小売価格:1,210円(税込)
対象年齢:6ヶ月から
サイズ(cm):W13.3×D12.7×H20.3

上記以外にも、着せ替えできるお人形「バービー」のバービー ファッショニスタシリーズ・バービー ファッションパックシリーズは、一部がサステイナブルなパッケージに包まれて発売されていることが紹介されました。

2021年6月5日(土)は国連による国際的な記念日である「世界環境デー(環境の日)」です。この機会に、親子やご家族で環境やSDGsについて話し合ってみてはいかがでしょうか。

関連URL:mattel公式サイト