スポンサーリンク

もうすぐクリスマス!子どもが欲しいプレゼントや平均予算は?バンダイ「クリスマスに関する意識調査2021」

2021年のクリスマスもいよいよ今週末。

クリスマス直前!子どもたちが欲しいプレゼントや平均予算などについて、毎年恒例のバンダイこどもアンケート「クリスマスに関する意識調査」レポートについて今回は取り上げています。

今年は 3~12 歳のお子さまを持つ男女 600 人を対象に実施され、通常のアンケートに加えて、お子さま、親、祖父母の 3 世代を比較するアンケート調査が行われたとのこと。世代間で異なるクリスマスパーティーの開催状況や、クリスマスプレゼントの比較など、ご家族でクリスマス事情についての話が盛り上がるかもしれません。

クリスマスプレゼントやパーティーの計画をまだ立てていない方をはじめ、今後のプレゼントの参考になる株式会社バンダイの意識調査レポート結果です。

昭和・平成・令和3世代のクリスマス大比較!

アンケート実査期間:2021 年 10 月 18 日(月)~10 月 24 日(日)
※聴取した親世代の年齢は 27~58 歳、祖父母世代は 44~92 歳。
※親と祖父母はご自身が 3~12 歳の時に過ごしたクリスマスについて回答しています。

TOPIC①:クリスマスパーティーの開催率は祖父母世代では 36.7%、親世代で 65.3%、子ども世代では91.0%に!

子ども時代のクリスマスパーティーの開催状況については、「パーティーを行う・行った」と回答した人は祖父母世代で36.7%、親世代で 65.3%、子ども世代で 91.0%と、子ども世代になるにつれて増加しており、子ども世代は祖父母世代の約 2.5 倍という結果になりました。また、子どもに今年のオンラインパーティーの開催状況を聞いたところ、「オンラインでパーティーを行う」と回答した子どもが 5.5%、「検討中」が 8.6%となり、離れている家族や友人とクリスマスをお祝いする 1 つの方法として、オンラインも活用されていることが分かりました。(※後述:参考データ①)

パーティー開催状況 (単一回答 いずれも n=600)

参考データ①子どものオンラインパーティー状況 (2020 n=534、 2021 n=546)

参考データ② 世代別 一緒にパーティーをする人

子どもたちは、クリスマスプレゼントを最も心待ちにしていることが分かる結果となっています。

そして、クリスマスに楽しみにしていることが、子ども、親、祖父母などの世代によって順番が異なる結果に。祖父母世代から子ども世代にかけて、徐々にクリスマスを祝う習慣が浸透していることが分かりました。

クリスマスに楽しみにしていること (複数回答 いずれも n=600)

スポンサーリンク

TOPIC②:徐々にクリスマスプレゼントをもらうことが一般化!3 世代別クリスマスプレゼント事情比較。

今年のクリスマスプレゼントの有無について聞いたところ、「クリスマスプレゼントをもらう」と回答した子どもは 85.8%(n=3,596)でした。「クリスマスプレゼントをもらう」と回答した子どもの親・祖父母世代へ同じ質問をしたところ、プレゼントをもらっていた親は 91.7%と多くの人がもらっていた一方、祖父母は 67.2%と、子ども世代・親世代と比べてクリスマスプレゼントをもらっていた人が少ない結果となりました※。

親・祖父母世代のクリスマスプレゼントの有無(単一回答 n=600)

また、プレゼントの個数では世代間の違いが見られ、子ども世代はクリスマスプレゼントを「複数からもらう」と回答した子どもが 33.3%、親世代は 16.3%、祖父母世代は 8.5%と、子ども世代になるにつれて複数クリスマスプレゼントをもらう割合が増加しており、サンタクロースだけではなく、家族や親戚・友人などさまざまな関係の人からクリスマスプレゼントをもらう子どもが増えていることが分かりました。
※今年クリスマスプレゼントをもらう子どもの親と祖父母に聴取しているため、子どものプレゼントをもらえる割合は 100%となります。

クリスマスプレゼントを複数からもらう割合(単一回答 いずれも n=600)

子どもの欲しいクリスマスプレゼント第一位は「ゲーム」!

子どもが今年最も欲しがっているクリスマスプレゼント/親・祖父母がもらって最も嬉しかったプレゼントでは、祖父母と親世代の間で「ゲーム」が大きく発展・人気のおもちゃとなってきてきた背景もあり、世代によって遊ぶおもちゃが変化していることが分かりました。

子どもが今年最も欲しがっているクリスマスプレゼント/親・祖父母がもらって最も嬉しかったクリスマスプレゼントTOP3(単一回答いずれもn=600)

TOPIC③:今は YouTube で欲しいプレゼントを見つける!プレゼントの認知経路も時代とともに変化。

欲しいプレゼントの情報源 1 位は、子ども世代が「YouTube」(22.0%)、親世代が「テレビ CM」(20.3%)、祖父母世代が「学校の友達」(19.6%)となりました。祖父母世代は直接家族や友人から情報を知ることが多かった反面、子ども世代は WEB や TV を情報源としていることが分かりました。

クリスマスプレゼントの認知経路(複数回答)

続けて、子どもが欲しがっているクリスマスプレゼントや親が子どもに買ってあげたいクリスマスプレゼント、平均予算など、「今年のクリスマスに関する意識調査 2021 年」レポートを次ページにてご紹介します。

スポンサーリンク