スポンサーリンク

【レビュー】レゴ ブロックトーバー 2021:レゴ 童話セット「アリスとおかしなお茶会」

2021年の「レゴ®ブロックトーバー」キャンペーンの数量限定「レゴ®童話セット第4弾、10月22日(金)からのプレゼントとして新登場する「アリスとおかしなお茶会」セット。

今年の「レゴ ブロックトーバー」は、全国のレゴ ブランドストア、レゴ認定販売店「ベネリックレゴストア楽天市場店」、全国のトイザらス店舗、トイザらス・ベビーザらス オンラインストアで2021年10月1日から4週連続で第1弾〜4弾まで期間ごとに実施されています。

レゴ ブロックトーバー(2021年)レゴ 童話セット「アリスとおかしなお茶会」

「レゴ 童話セット」は、読書の秋にぴったりな童話がモチーフとなっており、ラインナップは「ヘンゼルとグレーテル」、「ジャックと豆の木」、「赤ずきん」、「アリスとおかしなお茶会」の全4シリーズ。

「レゴ ブロックトーバー」キャンペーンは、2009年から毎年10月に開催されており、特典のセットは数量限定でこの期間でしか手に入れることができません。今年は限定の「レゴ 童話セット」(非売品)がプレゼントされる特別なキャンペーンです。
※”BLOCKTOBER”は、ブロック(BLOCK)と、英語で10月を意味するオクトーバー(OCTOBER)を組み合わせた造語。

本記事では、キャンペーン開始に先んじて「レゴ ブロックトーバー」第4弾のプレゼントとして配布される「アリスとおかしなお茶会」セットについてレビューしていきます。

レゴ ブロックトーバー 2021:レゴ 童話セット「アリスとおかしなお茶会」

「アリスとおかしなお茶会」セット概要

レゴ ブロックトーバー 「アリスとおかしなお茶会」

対象年齢:6歳以上

「レゴ ブロックトーバー」(2021年)のキャンペーン第4弾として、2021年10月22日から数量限定プレゼント配布される「アリスとおかしなお茶会」セット(非売品)です。

このセットは、ルイス・キャロルが書いた1865年刊行の童話(児童小説)「不思議の国のアリス」(原題:Alice's Adventures in Wonderland)の物語のワンシーンである "おかしなお茶会(マッド・ティーパーティー)" をモチーフとしたもの。アリスが訪れたたお茶会の様子が、本の形をしたレゴ ブロック土台の上に表現されています。

物語の中に登場するおかしなお茶会のテーブル、帽子屋や白うさぎなどの登場人物がその特徴的なアイテムで表現されており、たくさんのお菓子やティーセットのほか、複数の小物やパーツが含まれています。さらに、セットには「アリスとおかしなお茶会」の「プチ絵本」が付属しています。

スポンサーリンク

「アリスとおかしなお茶会」組み立てレビュー

「アリスとおかしなお茶会」のプチ絵本も付属

本セットには、クリアなビニールパックにレゴ ブロック袋2袋と大きな封筒が同梱されています。この封筒の中には、「アリスとおかしなお茶会」の「プチ絵本」と組み立て説明書が入っています。

「プチ絵本」には「アリスとおかしなお茶会」の物語が、レゴのキャラクターをイメージしたかわいい挿絵つきで描かれています。

絵本の本文は日本語で書かれていて、ふりがなも振られているので親子で一緒に読んで楽しむこともできます。

もともとの「不思議の国のアリス」は児童向けの長編の小説となっていますが、このプチ絵本ではその物語の印象的なパートのひとつである、おかしなお茶会にアリスが訪れるシーンを中心とした物語が紹介されています。

組み立て説明書(1枚)
セットに使用されるパーツの一覧も掲載

組み立て説明書は1枚。大きなサイズの紙が折りたたまれているタイプです。図解で分かりやすい組み立て説明書が付いており、対象年齢は6歳以上となっています。

こちらのセットにも、前回レビューした「ヘンゼルとグレーテル」と「ジャックと豆の木」「赤ずきん」セットと同様に、一般のレゴ ブロック製品では手に入れにくいレアなパーツが複数含まれています。

LEGO®ブランドロゴのプリントタイルは、2020年度の「レゴ ブロックトーバー」で配布された遊園地テーマのセット(全4種)で初めて登場したもの。含まれているセットも少なく入手困難なパーツのひとつとなっています。

今回の「レゴ 童話セット」の共通の土台でとなっている本の一部には金色の塗装パーツが使われています。金色の塗装パーツが含まれているレゴ ブロック製品も限られているため、こちらも特徴的なパーツとなっています。

「アリスとおかしなお茶会」セット付属のパーツやフィギュアの一部

パイやクロワッサン、クッキーなどのたくさんのお菓子パーツやプリントタイル、植物や切り株、帽子、白いウサギのフィギュア、時計などのさまざまな小物やパーツが含まれています。

今回の「レゴ 童話セット」全4シリーズは、共通して本の形をしたレゴ ブロック土台の上に、それぞれの童話の物語を表現したセットとなっています。

まず初めに、この本の土台部分から組み立てを行っていきます。

本の内側は空洞で、真ん中にある円柱のブロックで土台を支えています。

また、表紙の部分にはアンティークな装丁具を思わせるパーツなどがあしらわれており、金色のブロックが高級感を演出しています。

これらは今回の「レゴ 童話セット」の4セットに共通の構造ですが、土台の本のカラーが2種類あり、「ヘンゼルとグレーテル」、「ジャックと豆の木」は明るい茶色、「赤ずきん」、「アリスとおかしなお茶会」は明るいベージュの色合いとなっています。

スポンサーリンク
本の上に広がる「アリスとおかしなお茶会」

本セットは、童話「不思議の国のアリス」の物語のワンシーンである "おかしなお茶会" にアリスが訪れているお話の舞台が再現されたデザインとなっています。

「アリスとおかしなお茶会」セット

※一部の写真は、各アイテムが見やすくなるように帽子や時計などの取り付け位置を変えて撮影しています。

大きな木の下にティーセットやお菓子が用意されたお茶会のテーブル、帽子屋をイメージする紫色の帽子パーツ、白ウサギをイメージするウサギのフィギュアと時計パーツなどが、本の上にコンパクトに表現されています。

本セットには主人公のアリスなどのキャラクターはセットに含まれていませんが、物語に登場する印象的なパーツで表現されたカラフルで風変りなお茶会の様子を見ていると、アリスや登場人物たちがついさっきまでそこにいたかのようにもに感じます。

ウサギのフィギュアと時計パーツ

ウサギのフィギュアと時計パーツは、いつも懐中時計を見ながら急いでいる白ウサギのイメージ。

帽子パーツ

帽子パーツは、物語の中でおかしなお茶会に登場する帽子屋が表現されています。

回転の土台となるパーツ

そして本セットには、お茶会の円卓が回転できるギミックが付いています。

テーブルの上にはティーセットやお菓子などが並び、テーブルの中央にはアフタヌーンティーで使われる特徴的なケーキスタンドが置かれていて、さらに華やかなお茶会の印象を与えてくれます。

お茶会のテーブルは回転させることができるギミック付き

回転パーツがテーブルの足元に使われていることで、テーブル全体をくるくると回転させて遊ぶことができます。

幅広い年代から愛される「アリス」の物語をモチーフとした本セットは、作るだけでなくインテリアとしてお部屋に飾ってもステキなアクセントになるのではないかと思います。

主人公のアリスや帽子屋などは登場しませんが、それらの特徴的なモチーフを代わりに置くことで、物語への想像力を広げることができるデザインと表現が素晴らしいです。

この「アリスとおかしなお茶会」セットは、小さなサイズながら、童話「不思議の国のアリス」の物語の印象的なシーンを表現して遊ぶことができるモデルとなっています。

まとめ

「アリスとおかしなお茶会」セット

レゴ ブロックトーバー第4弾の「アリスとおかしなお茶会」セットは、レゴ ブロックで再現されたクラシックな装丁の本の上に童話「不思議の国のアリス」の物語の "おかしなお茶会" のシーンを再現したセットです。

本セットは、回転できるテーブルの上に並んだティーセット、大きな木、そして帽子やウサギ、時計などの象徴的な小物によって、物語の印象的なお茶会のシーンを再現して楽しむことができます。

「アリスとおかしなお茶会」セットと「プチ絵本」

セット付属の「アリスとおかしなお茶会」のプチ絵本のお話を読みながら、お子さまと一緒にレゴ ブロックと童話の世界を同時に楽しむことができます。

LEGO ブランドロゴ付きの本の土台もセットをより特別なコレクションであると感じさせてくれます。

また、今回のレゴ ブロックトーバーでは、レゴ ブロックのセットだけでなく、日本語に翻訳されたプチ絵本が付属しているところも特別感が得られるポイントとなります。

「アリスとおかしなお茶会」セットとその他の「レゴ 童話セット」

毎年異なるテーマで展開されているレゴ ブロックトーバーの限定セットは、コンパクトで洗練されたディスプレイとしてぴったりなモデルとなっており、コレクションのひとつとして、そしてインテリアとしても映える可愛らしいセットとなっています。

レゴ ブロックトーバー(2021年)レゴ 童話セット 全4シリーズ

お気に入りのひとつを作って楽しむほか、全4種類のコンプリートを目指す楽しみもあるレゴ ブロックトーバーだけの「レゴ 童話セット」シリーズ。

本記事でレビューしたのは、童話がモチーフの「アリスとおかしなお茶会」セットでした。

セットにはプチ絵本も付属しており、レゴ ブロックトーバー(2021年)キャンペーンだけで手に入る特別なコレクションとなります。

スポンサーリンク

「レゴ 童話セット」は全4シリーズのラインナップ

©2021 The LEGO Group.

2021年「レゴ ブロックトーバー」の数量限定プレゼント「レゴ 童話セット」(FAIRY TALE COLLECTION)は、子どもから大人まで親しみのある童話がモチーフとなっています。

「レゴ 童話セット」のラインナップは、以下の4シリーズです。
※()内はキャンペーン期間。各プレゼントはなくなり次第終了。

  1. ヘンゼルとグレーテル」( 10月1日(金)~)
  2. ジャックと豆の木」 (10月8日(金)~)
  3. 赤ずきん」 (10月15日(金)~)
  4. アリスとおかしなお茶会」 (10月22日(金)~)

第1弾はカラフルなパーツでお菓子の家を自由に飾れる「ヘンゼルとグレーテル」、第2弾は豆の木から雲の上まで表現された「ジャックと豆の木」、第3弾はベッドの中でおばあさんを装うオオカミが再現された「赤ずきん」、第4弾はカラフルなお茶会を創れる「アリスとおかしなお茶会」の全4種類です。

今年の「レゴ ブロックトーバー」は、以下の対象店舗で実施されます。

2021年10月1日から第1弾〜4弾までの期間ごとに、対象店舗にて1回合計6,600円(税込)以上のレゴ ブロック商品を購入すると数量限定でレゴ童話セットがプレゼントされます。

「レゴ ブロックトーバー」キャンペーンについては、以下の記事にて詳しくご紹介しています。ブロックトーバーは10月1日~順次実施中となっていますので、ぜひ併せてチェックしてみてください。

2021年「レゴ ブロックトーバー」を各ストアでチェック!

2021年の「レゴ ブロックトーバー」キャンペーンは、第1弾が2021年10月1日~スタートし、ラストの第4弾が10月22日~スタートまで毎週開催されています。

「レゴ ブロックトーバー」キャンペーンやプレゼントの詳細については、キャンペーン対象の各店舗にて確認ください。

※プレゼントは数量限定のため、なくなり次第終了となります。
※キャンペーン内容は変更または終了となる場合がありますのでご注意ください。

レゴ ブロックトーバーは毎年人気の高いキャンペーンとなっています。この期間だけでしか手に入れることができない、遊び心あふれる「レゴ 童話セット」がプレゼントされる限定キャンペーンをぜひチェックしてみてください。

関連記事

レゴ ブロックトーバー(2021年)レゴ 童話セット 全4シリーズ

2021年「レゴ ブロックトーバー」の数量限定プレゼント「レゴ 童話セット」のその他シリーズのレビュー記事はこちら。

第1弾「ヘンゼルとグレーテル」セット レビュー

第2弾「ジャックと豆の木」セット レビュー

第3弾「赤ずきん」セット レビュー