スポンサーリンク

【レビュー】レゴ ブロックトーバー 2021:レゴ 童話セット「ジャックと豆の木」

2021年の「レゴ®ブロックトーバー」キャンペーンの数量限定「レゴ®童話セット」第2弾として、2021年10月8日からのプレゼントとして新登場した「ジャックと豆の木」セット。

今年の「レゴ ブロックトーバー」は、全国のレゴ ブランドストア、レゴ認定販売店「ベネリックレゴストア楽天市場店」、全国のトイザらス店舗、トイザらス・ベビーザらス オンラインストアで2021年10月1日から4週連続で第1弾〜4弾まで各期間ごとに実施されています。

レゴ ブロックトーバー(2021年)レゴ 童話セット「ジャックと豆の木」

「レゴ 童話セット」は、読書の秋にぴったりな童話がモチーフとなっており、ラインナップは「ヘンゼルとグレーテル」、「ジャックと豆の木」、「赤ずきん」、「アリスとおかしなお茶会」の全4シリーズ。

「レゴ ブロックトーバー」キャンペーンは、2009年から毎年10月頃に開催されており、この期間でしか 手に入れることができません。今年は限定の「レゴ 童話セット」(非売品)がプレゼントされる特別なキャンペーンです。
※”BLOCKTOBER”は、ブロック(BLOCK)と、英語で10月を意味するオクトーバー(OCTOBER)を組み合わせた造語。

本記事では、「レゴ ブロックトーバー」第2弾プレゼントとして配布される「ジャックと豆の木」セットについてレビューしていきます。

レゴ ブロックトーバー 2021:レゴ 童話セット「ジャックと豆の木」

「ジャックと豆の木」セット概要

レゴ ブロックトーバー 「ジャックと豆の木」
(Jack And The Beanstalk)

対象年齢:6歳以上

「レゴ ブロックトーバー」(2021年)のキャンペーン第2弾として、2021年10月8日から数量限定プレゼント配布された「ジャックと豆の木」セット(非売品)です。

2021年度のレゴ ブロックトーバーは、世界で親しまれている童話がモチーフとなった「レゴ 童話セット」全4シリーズとなっています。

本セットは、童話本が表現されたレゴ ブロック土台の上に、童話「ジャックと豆の木」の物語をモチーフとした世界がコンパクトに表現されています。童話の中に登場する豆の木から、高さのある雲の上まで表現されており、マイクロフィギュア1体、ニワトリのフィギュア、その他様々な小物やパーツが含まれています。さらに「ジャックと豆の木」の「プチ絵本」が付属しています。

スポンサーリンク

「ジャックと豆の木」組み立てレビュー

「プチ絵本」やレアなパーツが付属

本セットには、クリアなビニールパックにレゴ ブロック袋2袋とお手紙のような大きな封筒が同梱されています。この封筒の中には、童話「ジャックと豆の木」の「プチ絵本」と組み立て説明書が入っています。

「プチ絵本」は、童話「ジャックと豆の木」のストーリーが、日本語の文とオリジナルのかわいい挿絵で描かれています。表紙はもちろん、ストーリーもお子さまと一緒に読むことができる日本語対応でフリガナもしっかりと添えられています。

組み立て説明書などの読み物がセットに付属している場合に、日本語に翻訳されていることは少なく、大人から子供まで親しまれている童話がしっかりと言語対応されているので、物語をしっかりと読むことができる点でも嬉しいプチ絵本となっています。

組み立て説明書(1枚)
セットに使用されるパーツの一覧も掲載

組み立て説明書は1枚。大きなサイズの紙が折りたたまれているタイプです。図解で分かりやすい組み立て説明書が付いており、対象年齢の6歳以上から比較的簡単に組み立てることができるように考えられています。

レゴ ブロックトーバーの限定セット「ジャックと豆の木」の注目ポイントのひとつは、レアパーツが一部含まれていることです。

まずは、LEGO®ブランドロゴのプリントタイル。

ステッカーではなくプリントされたブランドロゴのパーツは手に入りにくく、2020年度の「レゴ ブロックトーバー」で配布された遊園地テーマのセット(全4種)で初めて登場したものです。

さらに、少し珍しい金色(ゴールド)の塗装パーツが含まれています。

今回の「レゴ 童話セット」全4シリーズは、共通してレゴ ブロックで童話の本が表現されており、その本の一部に金色の塗装パーツが含まれています。セットに金色の成型色ではなく塗装パーツが入ることは少ないため、こちらも特筆すべきパーツとなっています。

金色パーツの拡大画像です。"LEGO"と刻印されていることが分かります。

「ジャックと豆の木」セットには、雲の上の巨人のお城にあるお宝の再現として、金色の塗装パーツが多めに含まれており、金の延べ棒(ゴールドバー)型のパーツもここで手に入るのも嬉しいポイントです。

「ジャックと豆の木」セット付属のパーツやフィギュアの一部

また、金メッキのようにメタル感のあるゴールドの指輪パーツやミニフィギュア(ミニフィグ)が、より小さなサイズで表現されたマイクロフィギュアが1体含まれています。

スポンサーリンク

その他にも切り株のプリントタイルやオノ、チェーンや葉っぱ、ニワトリのフィギュアなどの多くの小物やパーツが含まれています。

今回の「レゴ 童話セット」全4シリーズは、共通して童話の本が表現されたレゴ ブロック土台の上に、それぞれの童話の物語をモチーフとした世界が細部まで表現されたセットとなっています。

本セットでは、レゴ ブロックで本の部分をまず組み立てていきます。

本の内側は側面と真ん中のブロック以外は空洞になっています。

本の背と表紙の四隅には、前述の金色の塗装パーツが使われており、厚みのあるクラシックで豪華な装丁の童話本が再現されています。

本の上に広がる「ジャックと豆の木」の物語

童話の本が表現されたレゴ ブロックを土台として、その上に「ジャックと豆の木」の物語をモチーフとした世界が表現されているデザインです。

ジャックをはじめ、ジャックの家、空まで届く大きな豆の木、そして雲の上にある大男(巨人)のお城が、本の上でコンパクトに、表情豊かに表現されています。

雲の上には、透明のクリアパーツで地上からの高さが表現されており、その上には物語の中の大男のお城や金色の卵を産むニワトリ(めんどり)も。

雲の上の反対側には、宝ものが置かれています。

雲の上部分はクルクルと回転することができるギミック付き。お好みの角度で物語のシーンを再現したりディスプレイすることが可能となっています。

地上には、ジャックの住む家や大きなオノ、豆の木、たき火などがデザインされています。

物語の中では、雲の上のお城から宝ものを持って逃げるジャックは、豆の木を斧で切り、雲の上から追いかけてくる大男から逃れることができます。

空に向かって伸びた豆の木を登り、雲の上に降り立ったジャック。そして金のたまごを産むニワトリと出会い、宝物を持って、地上に降り、豆の木を切って、家族と幸せに暮らす。

「ジャックと豆の木」セットでは、このような物語の中のさまざまなシーンを自由に再現して楽しむことができます。

まとめ

「ジャックと豆の木」セットは、レゴ ブロックで再現されたクラシックな装丁の本の上に童話「ジャックと豆の木」のモチーフがデザインされていることで、書籍として世に出ている物語がモチーフとして表現されていることをひと目で感じさせてくれます。

セット付属の童話「ジャックと豆の木」のプチ絵本を読んで楽しんだり、セット完成後には絵本のストーリーを再現して遊ぶこともできるので、小さなお子さまと一緒にレゴと童話の世界を同時に楽しむことができます。

毎年異なるテーマで展開されているレゴ ブロックトーバーの限定セットは、コンパクトで洗練されたディスプレイとしてぴったりなモデルとなっており、レゴファンの方にとってのコレクションの一つとして、そしてインテリアとしても取り入れたい限定モデルといえます。

1つから飾って映える童話モチーフのレゴモデルは、レゴブランドロゴ付きの本の土台がセットを特別なコレクションとしてさらに格上げしていると感じさせてくれます。そして、レゴ ブロックのセットだけでなく、日本語に翻訳されたプチ絵本が付属しているところも特別感が上がるポイントとなります。

小さなレゴモデルの中に、童話「ジャックと豆の木」の世界がぎゅっと詰まったデザインとなっており、コンパクトでありながら高低差を活かした雲の上が回転するギミック、そしてさまざまなパーツや小物などが含まれおり、洗練されたディスプレイとしても印象的に飾れるレゴ ブロックトーバーだけの特別なレゴセットです。

1つからインテリアとして飾って素敵なことはもちろん、全4種類をコンプリートを目指す楽しみもあるレゴ ブロックトーバーだけの「レゴ童話セット」シリーズです。

本記事でレビューしたのは、童話がモチーフの「ジャックと豆の木」セットです。

セットにはプチ絵本も付属しており、レゴ ブロックトーバー(2021年)キャンペーンだけで手に入る特別なコレクションとなります。

スポンサーリンク

「レゴ 童話セット」は全4シリーズのラインナップ

©2021 The LEGO Group.

2021年「レゴ ブロックトーバー」の数量限定プレゼント「レゴ 童話セット」(FAIRY TALE COLLECTION)は、子どもから大人まで親しみのある童話がモチーフとなっています。

「レゴ 童話セット」のラインナップは、以下の4シリーズです。
※()内はキャンペーン期間。各プレゼントはなくなり次第終了。

  1. ヘンゼルとグレーテル」( 10月1日(金)~)
  2. ジャックと豆の木」 (10月8日(金)~)
  3. 赤ずきん」 (10月15日(金)~)
  4. アリスとおかしなお茶会」 (10月22日(金)~)

第1弾はカラフルなパーツでお菓子の家を自由に飾れる「ヘンゼルとグレーテル」、第2弾は豆の木から雲の上まで表現された「ジャックと豆の木」、第3弾はベッドの中でおばあさんを装うオオカミが再現された「赤ずきん」、第4弾はカラフルなお茶会を創れる「アリスとおかしなお茶会」の全4種類です。

今年の「レゴ ブロックトーバー」は、以下の対象店舗で実施されます。

2021年10月1日から第1弾〜4弾まで各期間ごとに、対象店舗にて1回合計6,600円(税込)以上のレゴ ブロック商品を購入すると数量限定でレゴ童話セットがプレゼントされます。

「レゴ ブロックトーバー」キャンペーンについては、以下の記事にて詳しくご紹介しています。ブロックトーバーは10月1日~順次実施中となっていますので、ぜひ併せてチェックしてみてください。

2021年「レゴ ブロックトーバー」を各ストアでチェック!

2021年の「レゴ ブロックトーバー」キャンペーンは、第1弾が2021年10月1日~スタートし、ラストの第4弾が10月22日~スタートまで毎週開催されています。

「レゴ ブロックトーバー」キャンペーンやプレゼントの詳細については、キャンペーン対象の各店舗にて確認ください。

※プレゼントは数量限定のため、なくなり次第終了となります。
※キャンペーン内容は変更または終了となる場合がありますのでご注意ください。

レゴ ブロックトーバーは毎年人気の高いキャンペーンとなっています。この期間だけでしか手に入れることができない、遊び心あふれる「レゴ 童話セット」がプレゼントされる限定キャンペーンをぜひチェックしてみてください。